自由民主党 衆議院議員 吉野正芳(よしのまさよし) 力強い復興。

< ひき続き復興に全力を >

 平成26年12月における総選挙で、9年ぶりにふるさと福島県第五区での選挙戦に臨み、多くの方々のご支援をいただきお陰様で平成12年の初当選以来連続6回目の当選を果たすことができました。誠に身の引き締まる思いであり国政の場における議席の重みをひしひしと肌で感じております。
 平成23年3月に発生した東日本大震災とそれに引きつづいて発生した原子力災害から丸4年が経過いたしました。私のふるさと福島県は発災以来懸命に復旧・復興につとめてまいりました。集中的に復興を目指す期間を5年と定め今日にいたるわけですが、被災地では未だに多くの住民の方々がつらい苦しい不自由な生活を強いられております。
 地域によっては復興の緒についたばかりというところもございまして、迅速に、目に見える形での復興策を5年目以降も強力に推し進めなければならないということは、私たち国会議員の共通の認識になりつつあります。
 私は、被災地の声と切なる要望を国政の場に反映にさせ、必ずやふるさとを再生させるという使命をしっかりと果たす所存でございます。

平成27年4月